扁桃腺炎治療に個人輸入でクラビットを購入する

扁桃腺とは、口を大きく開けて奥に見える口蓋垂の両脇にあるこぶのようなものです。体内に侵入しようとする病原体から体を守る免疫の役割を担っています。中学生くらいになると免疫システムが完成するため、それまで扁桃腺だけで機能していた免疫がリンパ節に委ねられます。よって扁桃腺が人間に欠かせないのは、5歳~7歳くらいの幼少期だけです。しかし扁桃腺は感染症にかかると、深刻な症状を現します。扁桃腺炎は細菌と、インフルエンザ菌や溶血鎖球菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの常在菌が、風邪や過労、喉の乾燥をきっかけに増殖をすることで発症します。扁桃腺炎の初期症状は、風邪の喉の痛みに似ています。よってひどくなるまで気づかれないことも多いです。急性扁桃腺炎では、唾液を飲み込むことさえ困難で、38℃~40℃の発熱があります。慢性扁桃腺炎にまで進行すると、薬による治療ができずに外科的手術が行われます。よって喉に違和感がある時は、早めに薬を服用するのが良いです。薬には様々な種類の抗生物質が使われますが、クラビットはニューキノロン系といって耐性菌がほとんどないので、多くの感染症で使えます。クラビットは医師の処方箋がないと購入できません。しかし病院に行く時間のない人は、個人輸入を利用すれば、処方箋がなくても購入できます。個人輸入は法律では禁止されていません。日本の法律は医薬品を販売することは禁止していますが、海外から輸入して自分だけで利用することは合法です。クラビットも個人輸入代行業者から入手する人が多いです。ただし法律には違反していませんが、正しい服用方法ができないことがあります。薬の説明が英語で理解できない場合は、医師や薬剤師に相談して、正しく服用します。