包茎の男性は性病もちが多い?

包茎の男性は性病もちが多いと言われており、これは男性器の先端部分が包皮に包まれていることから、不衛生な状況というものが非常に長く続いてしまうということが原因となっております。
このような不衛生な状態というものを長い期間続けてしまうことによって性病を発症してしまったり、性行為を行うことによっての性病に対する感染率というものを高いものとしていると言われております。
包茎の状態というものを解消することが最も良い方法であると言われておりますので、包茎の状態である人は手術を受けるなどの手続きを行うことが大切となっており、性行為の時の早漏の原因にもつながると言われております。
男性器の先端部分が包皮によって絶えず守られた状態となっていることから、快感に対する感覚というものが過敏になってしまっているからで、このような状況に対しても包茎の解消というものが大切になります。
このように性病や早漏といった男性にとってのあまり好ましい状態にはない包茎というものは、男性の多くがコンプレックスとして抱えている問題となっており、その解消に為の手術の手続きを行うということにも大きな抵抗感を抱えている人が多いと言われております。