性器クラミジア感染にテマクロライド系やクラビットを

細菌感染症に対してはその病原菌に対する有効性が示されている抗生物質を用いるというのが一般的であり、多くの場合には数日から数週間で完治することが可能です。自然治癒できない感染症も多いことから、身体に異常を感じた場合には速やかに医師の診断を仰いだ方が無難であり、見た目で判断がつかない場合であっても適切な検査を受ければ有効な抗生物質をしょほうしてもらうことができます。ニューキノロン系に属するクラビットはテトラサイクリン系抗生物質、マクロライド系抗生物質と並んで抗菌スペクトルが広い抗生物質であり、幅広い細菌感染症において処方されています。クラビットの優秀な点は性病として問題視されるようになってきている性器クラミジアにも有効な点であり、テトラサイクリン系、マクロライド系と並んで頻繁に処方されるようになっています。特にテトラサイクリン系、マクロライド系の抗生物質は性器クラミジアに対して頻用されてきたことによって耐性菌が出現してきていることが問題になっており、作用メカニズムの異なるニューキノロン系のクラビットはよく選択されるようになってきています。耐性菌の出現がよく見られることから、細菌感染症に対する抗生物質の開発はイタチごっこな面があることは否めません。裏を返せば常に新しい治療薬が求められている状況にあると言うこともできるでしょう。抗生物質の種類が無数といえるほどに多いのはそのイタチごっこの結果であり、今後も新しい抗生物質の開発が求められていくことになるのは間違いありません。多様な細菌が世の中に存在し、細菌に対する感染症が存在する限りは抗生物質の開発に対する需要は尽きることがないでしょう。