std検査でなければ判断が難しい男性病にクラビット

男性病ともいえる性感染症に対する治療薬として重要な位置を占めているのがクラビットです。性感染症の中には男性では症状が重く、女性では感染しても症状がほとんど生じないものがあります。その代表的なものが性器クラミジア感染症と淋菌感染症です。小便をする際に痛みを伴うようになったり、尿道にかゆみを生じたりするのが性器クラミジア感染症と淋菌感染症に共通する症状です。自覚症状からどちらであるかを判断するということはしばしば難しいものの、std検査をすれば速やかに確定診断を得ることができます。男性の場合には尿中に原因菌が含まれることから、std検査の検体として尿を用いることが可能であり、検査に煩わしさがあまりありません。女性に比べて症状も重い男性病であることから発見も比較的早期になりやすく、std検査を受けることに躊躇しなければ比較的容易に治療を実現することができるでしょう。注射薬または経口薬が用いられることが多く、クラビットはクラミジア感染症、淋病感染症のいずれにも用いられる抗生物質として代表的なものです。ニューキノロン系抗生物質に分類されるクラビットは比較的新しい薬剤であることもあって耐性を獲得しているクラミジアや淋菌が少なく、有効性が高く、除菌率も高いことからよく選択されるようになっています。性感染症の中でも男性病ともいえる二つの疾患を同時に治療することもできるクラビットは男性に対して多大なメリットをもたらしたものです。個人輸入で手に入れる人が多いのも、症状の判別がしにくいクラミジア感染と淋菌感染の両方に有効で安全性が高いという点が魅力だからであり、今後もその不動の地位を保っていくと期待されます。