クラビットで後天性免疫不全を予防する

クラビットは、ニューキノロン系合成抗菌剤で、細菌がDNAを合成するのを阻害することで繁殖を抑制します。クラビットは多くの感染症に用いられています。皮膚感染症や呼吸器感染症、泌尿器感染症など様々な感染症の治療薬でえす。その中にはクラミジアも含まれています。クラミジアは日本で感染者が一番多い性感染症です。クラミジアに感染すると女性おりものが出やすくなり、男性は排尿痛や違和感などの症状が現れます。しかしこれらの症状は軽度なので、感染症にかかっていると気づかれにくいです。クラミジアに感染した人が、パートナーを含めた不特定多数と性行為を行うと次々と感染者が拡大します。これは日本だけでなく世界的にも問題視されています。クラミジアに感染していると様々な合併症を引き起こします。その中でも恐ろしいのが後天性免疫不全です。発展途上国で感染率が高いですが、日本でも増加傾向にあります。後天性免疫不全では、ヒト免疫不全ウイルスが免疫力を少しずつ低下させる病気です。治療をしないと、数年~10年で健康な人であれば問題ないウイルスや菌による感染症にかかりやすくなります。後天性免疫不全を含む人の体液が、傷口や粘液部分に触れることでウイルスが侵入するので、クラミジアなど性感染症に感染している人は菌が侵入しやすい環境といえます。現在の医療では後天性免疫不全を完全に治すことはできません。ウイルスに感染しても発症を抑制する治療法が中心です。しかし後天性免疫不全のきっかけとなるウイルスを侵入させないためには、クラミジアなどの性感染症をしっかりと治療することが重要です。そのためにパートナーや自分がクラミジアに感染したら、クラビットで完治させます。