クラビットのhiv感染への効果と淋病などの家族性感染

クラビットは淋病など性病の予防や感染時の治療などに効果があるとされています。これはクラビットの成分であるレボフロキサシンは細菌に作用し、細菌が増殖するためのDNAの複製を妨げることで、細菌の増殖を防ぎ症状を和らげる効果があります。
クラビットは細菌に対し非常に強い防御力を発揮するため、様々な細菌感染に効果が有ります。特になかなか治療法が無いと言われていた梅毒、淋病などの性病にも非常に強い治癒力を示すため、これらの特効薬と言われているほどです。また性病は家族性感染の可能性も非常に高いものですが、これらも予防することができます。
しかし、性交渉で感染する病気であるhiv感染は、クラビットはあまり効果がありません。その理由はhiv感染はその繁殖力が非常に強い上、血液感染であるためクラビットの成分が血液中の成分で分解されてしまうからです。その為、血液感染であるhiv感染には効果がありません。
また、家族性の高い疾病にもあまり効果が無いことが分かっています。家族性の高い疾病は遺伝性の高い物が多く、この遺伝子はクラビットの効果よりもはるかに強いため、このような病気にはあまり効果がありません。
クラビットは細菌感染には非常に効果がある薬剤ですが、その用途を誤ると精神疾患の元となることが有ります。その為、服用中は危険を伴う仕事、自動車の運転などは避けた方が良いと言われています。さらに、もともと精神病に罹患している人や、てんかんの症状を持っている人などは、服用により症状が悪化することが有るので注意が必要です。
このようにクラビットはさまざまな感染症に効果があると考えられており、家族性の疾患やhiv感染にも効果があると考えられがちですが、これらの病気には効果が無いことを認識することが大切です。